㈱アイピーデータバンクによる特許・著作権・アイディア商材の情報サイトです。管理・運営 ㈱我夢工房


by ipdatabank

アドバンテック、視覚変化でハトが近づかない変視覚パネル「ごめんねハトくん」を発売 福岡県福岡市

2007.02.07
f0109021_442984.jpg有限会社アドバンテック(福岡県福岡市、安田諭司社長)は、視覚変化でハトが近づかない変視覚パネル(2Dパネル)の開発に成功、2月1日より「ごめんねハトくん」の商品名で発売を開始したと発表した(特許申請中、実用新案登録済2件)。
同社では、製品発売の事前告知を行ったところ、鳥インフルエンザの影響で極力鳥類を近づけたくないという主に子供を持つ主婦層からの問合せが相次ぎ、当初予定より発売時期を早めたと言う。
同製品は、ハトは聴力が弱く視力が強い点、天敵から身を守る為に動きのあるものに対し過敏に反応するという特性を応用。鳥にだけ見える特殊視覚パターンの加工を施し、ハトが近付づかないメッセージを常に送り続ける仕組みとなっている。このメッセージは、ハトの本能形成の特殊視覚パターンであることから、ハトが学習によって克服する事は事実上不可能だと言う。

詳細は
有限会社アドバンテック
〒810‐0016 福岡市中央区平和3‐11‐7
TEL:092‐526-8788
FAX:092‐526-8710
メール:matsunaga@yutoriart.com
ホームページ:http://www.yutoriart.com/
[PR]
by ipdatabank | 2007-02-07 14:39 | 生活用品ニュース