㈱アイピーデータバンクによる特許・著作権・アイディア商材の情報サイトです。管理・運営 ㈱我夢工房


by ipdatabank

広島県とウド・エルゴ、切断時の衝撃緩和・頸肩腕障害を予防する農業・園芸用はさみを開発 広島県広島市

2008.08.14
f0109021_11491567.jpg広島県立総合技術研究所と有限会社ウド・エルゴ研究所(広島市南区、宇土博代表)は、切断時の衝撃緩和・頸肩腕障害の予防を目的とする農業・園芸用はさみを協同で開発、8月21日より「Dr.Cut」の商品名で、ウド・エルゴ研究所より試験発売すると発表した。
みかんなどの収穫作業では、1日2万回、1年間で100万回のカット作業が行われるが、その反復作業の衝撃により、手指の痛みやしびれなどが発症しやすく、問題になっていたという。今回開発した同商品は、両者が協同出願した特許技術を活用したもので、人間工学的な手法により、手指の衝撃を4分の1程度にまで軽減するとしている。

問い合わせは
有限会社ウド・エルゴ研究所
電話:082-568-7553

遊都総研.comより
[PR]
by ipdatabank | 2008-08-14 11:49 | 生活用品ニュース