㈱アイピーデータバンクによる特許・著作権・アイディア商材の情報サイトです。管理・運営 ㈱我夢工房


by ipdatabank

<   2006年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧

5
[PR]
by ipdatabank | 2006-04-28 15:08 | 建材・住宅ニュース
2006.04.26
メディアネット株式会社(東京都新宿区、近藤克紀社長)が運営する電子書籍販売・電子出版サイト「でじたる書房」は、2004年9月のサイト開設以来、ライターの登録者数が1700人を突破したと発表した(2006年4月26日現在:1702人)。
「でじたる書房」は、ライター登録をしている「作家」にブログやメールマガジン、HP、雑誌の記事など様々なライティングや編集に関する仕事情報を紹介するサービスだ。登録ライターの職種・経歴は、作家、フリーライター、詩人、漫画家、絵本作家をはじめ、心理カウンセラー、会社経営者、医師、講師、経済評論家、投資家、秘書、ファイナンシャルプランナー、アクセサリーデザイナー、料理研究家、探偵、獣医師など様々だという。
現在、「でじたる書房」で販売されている電子書籍の総書籍数は6,227冊。ここでしか読めないオリジナル作品が大半だ。電子出版費、掲載維持費用などは完全無料で、印税率は50%。

詳細は
でじたる書房事務局
http://www.digbook.jp/
[PR]
by ipdatabank | 2006-04-26 21:48 | 著作権・コンテンツニュース
2006.04.25
広告・通信・IT事業を手掛けるファーストドリーム株式会社(岐阜県岐阜市、斉藤治孝社長)は、「0円でテナント出店」ができる携帯電話専用のショッピングモール・サービスを開始すると発表した。
通常Web上のショッピングモールに出店するには、初期費用などに大きな経費リスクが生じるが、同社では出店時の最大のリスクを0にすることで、広告や販売に力を注げるようなビジネスモデルを実現した。
具体的には、同社が運営する「ケータイ王国」http://fdm.jp(携帯用)のショッピングモールサイトに無料でテナントを出店、同社オリジナルのFDMメールで同社の会員に向け広告配信する仕組みだ。一種の「攻めの営業ツール」と言えるが、メールはすべて携帯電話へ配信されることから、ピンポイントでの広告が配信できる。一方会員にとっても、ポイントでの商品購入が可能なため、安価で買物ができるというメリットがある。また会員は携帯電話のみで決済処理ができるため、出店する側もサービス導入時に負担がかからない。
昨今では携帯電話を利用した販促が注目を集めており、システム導入を検討中のユーザーも少なくないという。

詳細は
ファーストドリーム株式会社
pr@fdm.jp
http://www.firstdream.co.jp/
[PR]
by ipdatabank | 2006-04-25 20:39 | 情報・通信ニュース
2006.04.24
㈱北海道グリーン興産(本社:札幌市、佐々木進社長)は、乾燥厚膜胞子による糸状菌「S・K-5-5菌(トリコデルマ属リファイ)」の大量培養技術を世界で初めて確立したと発表した。これにより、長期保存が可能で、気温や土壌環境の違いに関係なく高い効果を発揮する「アグリバイオ資材」の開発に目途がついたという。
同社では、S・K-5-5菌を人工的に大量培養させる先端技術「飢餓培養システム」において国際特許を取得。続いて、さらに至難とされる菌の乾燥原抹を生産する技術を開発した。
さらに同社では、自社プラントを建設し、あらゆる土壌条件に対応する「北海道発」の植物成長活性剤の生産・流通を世界に向けて展開する計画だ。具体的には、S・K-5-5製剤の試験生産および特許取得国(日本、中国、アメリカ、カナダ、韓国、オーストラリア他)での試験販売を行うため、本年秋に札幌近郊に100坪規模のミニプラント施設(5tタンク×2基)を建設。実用化技術開発をさらに進め、平成21年度までに本格的な大型プラント施設(20tタンク×5基)を建設し、各国の市場に向けて供給を開始する。
農薬残留問題など、食の安心・安全が求められるなか、植物が本来持っている能力を大きく引き出す同社の培養技術は、農業市場全体に大きなインパクトを与える可能性がある。

詳細は
㈱北海道グリーン興産
http://www.h-greenkousan.co.jp
[PR]
by ipdatabank | 2006-04-24 22:09 | 素材・製法ニュース
2006.04.23
イートレックジャパン㈱(大阪市中央区、進藤隆志社長)は4月21日、本格的クラブDJ向け楽曲配信サイト「clubsound.jp」をオープンすると発表した。
「clubsound.jp」は、国内では初となる「本格的クラブDJ向け」の音楽ダウンロードサイト。主に「プロ」のクラブDJ向けのサイトとなることから、携帯音楽向けサイトに比べ、高音質のファイルを配信する。
楽曲の提供は英国にも拠点を置く㈱トーリューモンが行う。同社は8,000曲(世界130レーベル)の楽曲を保有しており、国内では最大のクラブミュージック・楽曲ホルダーだ。また、ハイネケンジャパンが運営するクラブ音楽サイトwww.hmusic.jpとも連動を図るとしている。スタート時点では1,200曲を配信、以後毎月500曲程度づつ追加していく。価格は1曲315円。
そもそもクラブDJが使用する楽曲は、「スクラッチ」や「バックスピン」といった特殊な表現技術を伴うため、アナログ盤でしか表現ができないとされてきた。近年ではDJ用のCD機材が発達してきたことから、クラブでもCDが頻繁に使用されるようになりつつある。しかしながら、クラブミュージックの「市場」はロックやポップスに比べ「少量多品種」の世界であり、CDとしてパッケージ販売するにはコスト的にやや無理があるのが現状だ。クラブミュージックの先進地である英国では既に、「ダウンロード販売」への移行が進んいるという。
同社によれば、国内のアナログレコードの市場規模は約100億円。これを5年でダウンロードサイトに「置き換える」ことで、初年度の売上を約660万円と見込んでいる。

詳細は
イートレックジャパン㈱
http://www.e-trek-japan.com/
[PR]
by ipdatabank | 2006-04-23 18:05 | 著作権・コンテンツニュース
2006.04.22
住宅や商業ビルの外壁リフォームなどを手がける㈱エムビーエス(山口県宇部市、山本貴士社長)は、同社独自の施工システム「ホームメイキャップ工法」を応用する形で、メゾネット型集合住宅の分譲、賃貸事業に参入すると発表した。
同事業における商品名は「セキュメゾン(商標登録出願済)」。商品名は「セキュリティ・メゾネット式タウン型住居」を意味し、ホームメイキャップ工法の優れた耐久性・耐震性を活かしつつ、物件のゲートを一箇所で管理することで、安全性・防犯性の高さをも付加した商品となる。
第一号開発案件は、山口県宇部市に約4000平方メートルの宅地を購入。デザイン性の高い住宅で人気の建築家に設計を依頼し、内庭を共有する30戸のメゾネット型住宅を建設する。1戸あたりの居住面積は110平方メートルで、販売価格は2000万円。 当面は周辺人口20万人前後の地方都市をターゲットとするが、順次全国展開を図る計画だという。
なお、同商品は「集合住宅」「集合住宅の建築方法」で3つの特許を申請済みとなっている。

詳細は
㈱エムビーエス
http://www.homemakeup.co.jp/index.html
[PR]
by ipdatabank | 2006-04-22 13:01 | 建材・住宅ニュース
2006.04.21
モニター専門サイトMONITTO(1998年開設,代表:仁野鈴加)はこのたび、オンラインショップに関するアンケートレポート「オンラインショップユーザーの本音が見える!アンケートレポート2006」の販売を開始すると発表した。アンケートの調査対象者は同サイトが運営するモニター会員組織「きゃらあん」会員(700名)。
昨今、簡単にオンラインショップを開店できることから、深く考えずに起業する人が増加しているが、満足のいく売上げを得ているのは、そのほんの一部というのが現状。同アンケートレポートは、今後のオンラインショップ業界発展の為に、と販売を開始した。
なお、同サイトは読売テレビ「あさパラ!」のホームページ上でも「その他のモニターサイト」として掲載されている。
===========================================
オンラインショップユーザーの本音が見える!アンケートレポート2006 概要
■調査実施時期 : 2006年1月
■調査対象者  : きゃらあん会員(MONITTOが運営)
■有効回答数  : 700名
■販売価格   : 31,500円(税込) ※現金購入の場合は 29,000円(税込)
■販売元    : Kachix (MONITTOのBtoBサービスコンテンツ)
■このレポートから見えること
 ・アマゾン快進撃の理由、選ばれている理由
 ・お客様が望む支払い方法・配送業者
 ・オンラインショップ利用のゆずれない条件
 ・人気店舗のしている秘密のサービス・努力・人気の理由
 ・リピーターにさせてしまうほどの、クレーム対応のしかた
 ・お客様が喜ぶサービス・対応=リピーターになるか否かの違い
 ・既存客へのフォローの方法=リピーターへの転換方法
 ・まだオンラインショップを利用したことのない方の不安な点。
 ・新たなサービス・企画のヒント など
===========================================
■販売元
MONITTO
■販売サイト
Kachix (カチックス・MONITTOのBotBサービスサイト)
http://www.monitto.ne.jp/kachix/
■販売ページ
http://www.monitto.ne.jp/kachix/os-enq/index.php 
■連絡先
担当者  仁野 鈴加(じんの りんか)
メールでの問合せ  https://www.monitto.ne.jp/support/toi/f-kachix.php
電 話 03-5510-1173
FAX 03-3502-1412
[PR]
by ipdatabank | 2006-04-21 08:55 | その他サービスニュース
2006.04.19
f0109021_9325125.jpg有限会社アイ・テクノス(東京都大田区,山嵜宏子社長)は、同社の新技術「マイナスイオン・オゾン発生装置(特許出願中)」を導入するメーカー,ゼネコンなどを新たに募集すると発表した。
同社が開発したマイナスイオン・オゾン発生装置は、空気清浄機などに応用されているコロナ放電原理により、マイナスイオン及びオゾンを生成する全く新しい技術「電極」として平成15年に特許を出願したもの。東京都立産業技術研究所(加工技術)の助言と協力を得て、事業化に至った。
同技術導入による効果は、脱臭、除菌・院内感染防止(食中毒菌、空気中のウイルスを殺菌)、集塵、静電気除去、カビ防止、生花・鉢植え・果物・生鮮食品などの長期保存、健康維持増進などがある。これまでにグループホームの排尿・排便の悪臭対策、病院・老人ホームなどでの脱臭・ウイルスの除菌・院内感染防止・集塵対策、高級賃貸マンションにおける付加価値(集塵、静電気防止、脱臭)といった領域で実績をあげているという。
同社では既に同技術を製品化し、「ダウンライト型マイナスイオン・オゾン発生装置(型式:IT-4DL20)」として発売しているが(東京都中小企業振興公社の推奨事業)、今後は製品の販売と平行して、同技術を導入するメーカー,企業を新たに募集する。これまでにエレベーター、エアコンのダクト、保管庫などのメーカーから既に引き合いが入っているという。
なお、「ダウンライト型マイナスイオン・オゾン発生装置」はこれまでに500台超を受注済みであり、来年度以降も既に川崎市の再開発事業などで1,200台の受注が見込まれている。

詳細は下記まで
有限会社 アイ・テクノス
〒146-0082 東京都大田区池上8-5-8-107
TEL 03-5747-0616 FAX 03-5747-06177
URL http://www.itechnos.jp
E-MAIL info@itechnos.jp
[PR]
by ipdatabank | 2006-04-19 09:34 | 東京都異業種交流会
2006.04.18
㈱デバイスネット(本社・大阪、販売拠点・東京都新宿区、戸田佳辰社長)は、城下工業株式会社(本社・長野県上田市、城下徹社長)が開発した海外旅行用小型変圧器「ポケットトランス20W/230V」および「ポケットトランス70W/120V」の2製品を4月20日より販売・出荷すると発表した。
同商品は、AC100Vにしか対応していない日本製の電気製品をAC電源の電圧が異なる海外で使えるようにするための製品。海外旅行用の変圧器は、既にさまざまな製品が発売されているが、同商品の特徴は、片手で持てるコンパクトサイズ(82×55×40mm)である点と、価格が手頃である点となっている。
価格は2製品とも2,480円(税込)。

詳細は
販売:株式会社デバイスネット 
E-mail yamamoto@devicenet.co.jp
http://www.devicenet.co.jp                 
製造:城下工業株式会社
http://www.shiroshita.com/
[PR]
by ipdatabank | 2006-04-18 18:50 | 電機・機械ニュース
2006.04.16
特許庁は4月13日、4月1日より施行された「地域団体商標制度」に係る商標登録出願の出願受付状況(都道府県、商標、出願人のリスト)を公表した(4月10日分まで)。
4月10日までの受付件数は324件で、このうち258件は土曜日にもかかわらず初日の4月1日だった。受付形態別では、郵送が165件、オンラインが156件で、窓口が3件と少ない。
地域別では、京都府の109件を含む近畿が154件で1位、岐阜県の15件を含む東海が32件、石川県の24件を含む北陸が29件、沖縄26件と続いている。北海道、東北はそれぞれ9件、関東は11件(うち東京は3件)、四国は6件と少ない。海外もジャマイカの1件がある。
特許庁では、受け付けた出願は、出願日から6~7ヶ月後に順次審査結果を出す予定としている。

詳細は
特許庁 プレス発表
http://www.jpo.go.jp/torikumi/puresu/press_region_trade.htm
[PR]
by ipdatabank | 2006-04-16 11:52 | 知的財産全般ニュース