㈱アイピーデータバンクによる特許・著作権・アイディア商材の情報サイトです。管理・運営 ㈱我夢工房


by ipdatabank

三井住友建設、マンションセキュリティ「ゲート式エントランス」(特許出願中)を実用化 東京都新宿区

2007.12.03
f0061306_18513028.jpg三井住友建設株式会社(東京都新宿区、五十嵐久也社長)は、マンションのエントランス部分でセキュリティの向上を図る「ゲート式エントランス」(特許出願中)を実用化したと発表した。
ゲート式エントランスは、入口と出口の動線を分離してゲートを設け、入居者の入口にはノンタッチキー、来訪者の入口にはオートロック操作盤を設置するシステムで、「とも連れ入場」など不審者の侵入を防止することができる新しいタイプのマンションセキュリティーシステムで、シンプルな装置構成を特長としている。また、ゲートインスペースを設けることにより、鍵を持たない同伴者がいる場合など、複数人を同時に入場させることも可能。
同社では現在、同システムを採用した超高層住宅を都内で施工中だと言う。
※写真は同社研究所で撮影したもの。

関連ホームページ
三井住友建設株式会社
http://www.smcon.co.jp/
[PR]
by ipdatabank | 2007-12-03 19:00 | 建材・住宅ニュース