㈱アイピーデータバンクによる特許・著作権・アイディア商材の情報サイトです。管理・運営 ㈱我夢工房


by ipdatabank

NPO建築不動産なんでも相談室、HPと提携し、「ハイルシュトレンハウス」の提案を開始 東京都多摩市

2008.10.13
f0109021_2318266.jpg建築・不動産・運用などに関するユーザーからの相談業務を手掛けるNPO法人建築不動産なんでも相談室(東京都多摩市、馬場勉代表理事)は、オーストリアのラドン治療坑道採取のラジウム鉱石「ハイルシュトレンストーン」の販売を手掛ける株式会社HP(ヘルスプロデュース、東京都多摩市、永井悠企子代表)と提携、OMソーラーシステムにハイルシュトレンストーンを組み合わせた「ハイルシュトレンハウス」の提案を開始すると発表した。
オーストリアのハイルシュトレン治療坑道は、60年の歴史を有するラドン治療坑道で、温泉とは異なり、ラドンガスがある坑道内のベッドでラドンを身体に取り込むという岩盤治療。オーストリア・ドイツの2ヶ国では健康保険も適用されている療法で、年間約10万人が利用している。ハイルシュトレンストーンはこの治療坑道で採取されたラジウム鉱石で、岩盤浴のほか、浴槽などでも利用されている。
一方、OMソーラーシステムは、屋根裏の空間に蓄積された熱を、専用のファンと通気パイプを利用して床下に送り、主に木造家屋全体の冷暖房を低廉なランニングコストで、しかも自然な形で提供するというシステム。国内ではこれまでに3万件近い導入実績があるという。
今回、建築不動産なんでも相談室が提案を開始する「ハイルシュトレンハウス」は、OMソーラーシステムとハイルシュトレンストーンを組み合わせたもので、室内の通気口部分にハイルシュトレンストーン入りのフィルターボックスを設置、部屋全体にラドンガスを発生させ、エコロジーなシステムと、「自然治癒力」を高める住まいづくりを同時に実現するというもの。
提案価格は8畳規模の居室の場合で30万円~。利用にあたっては、現在既にOMソーラーシステムを導入している建物、もしくはこれからOMソーラーシステムを利用して新築する建物が対象となる。

問い合わせは
特定非営利活動法人 建築不動産なんでも相談室
東京都多摩市関戸4丁目4-1-602
電話:042-316-7586
メールアドレス: nandemosoudan@kih.biglobe.ne.jp
URL:http://www7b.biglobe.ne.jp/~nandemosoudan/

株式会社HP(ヘルスプロデュース)
運営店舗 ラジウム鉱石浴硯(すずり)
東京都多摩市関戸1-11-3 桜ヶ丘プラザビル4F
電話:042-313-2511
メールアドレス:info@healthproduce.net
オンラインショップURL:http://shop.healthproduce.net/
[PR]
by ipdatabank | 2008-10-13 23:27 | 建材・住宅ニュース